北海道の金運アップにご利益のあるパワースポット・神社の参拝方法を紹介。

パワースポット・神社へ行った際の金運アップポイントを紹介します!

 

パワースポットや神社で効率よく運気を得るには、出かける前の準備やその土地での開運行動がパワーをより吸収するポイントになります。

 

より有意義にパワースポットのご利益を得るために、ぜひ実践して欲しいことをまとめてみました。

 

難しいことはありません、ポイントを押さえてさらに運気アップを手に入れてください!

パワースポット・神社へ行く前の準備

 

朝入浴する

 

出かける前に簡単にでもいいので身体を洗い流してから出かけると、その土地に好かれます。
身体を清浄にして出かけましょう。

 

初めての場所では白を身につける

 

初めて訪れるパワースポット・神社では白を身につけると効果的
洋服や、下着でもOKです。
白は土地の気を受け入れるカラーですので初めての土地と自分の気を合わせてくれる効果があります。
ちなみに女性は運気が胸元から男性は襟元から運気が入ってきますので、その部分が空いているものがオススメです。

 

天然石を身につける

 

パワースポットや神社へ出かける際は愛用の天然石を身につけましょう
石が土地の生気を吸収したり浄化されたりして帰った後も効果がしばらく続きます。
ブレスレットなど肌につけるものがオススメです。

開運!パワースポットでの過ごし方、神社参拝のポイント

 

神社参拝の作法とパワースポットでの言霊の伝え方

 

手水舎で手や口を清め本殿に向かい、お賽銭を入れてから鈴を鳴らし、ニ礼二拍手一礼の作法で拝礼を行います。
このとき、自分の名前・年齢・住所、感謝の言葉を告げてからお願い事をしてくださいね。

 

特に名前は自分自身を表す言霊、名前を告げずに願い事をしても天や大地には届きませんのでぜひ伝えましょう。

 

絵馬に願いを書いて奉納する

 

神社参拝では願いごとを書いて奉納すると願いがかなうと言われています。ぜひ自分の願いを自分の言葉にして絵馬に書いてみてください。
言霊の効果で願いが実現しやすくなりますので具体的なお願い事を書いてくださいね、オススメです。
もともとは本物の馬を奉納したものが、絵に描いた馬となったと言われています。

 

おみくじをひく

 

その年の吉凶を占うものとしておみくじがあります。
おみくじに書かれている内容についての解釈というより、神社から言霊をいただくことに意味があります
引いたおみくじはその神社に結んで帰る人が多いのですが、境内の植栽に勝手に結ぶと樹木の生育が悪くなることから、決められた場所に、適度なマナーをもって結ぶようにします。

 

『凶みくじのみ結んで帰り、吉みくじは持ち帰る』『願いがかなう=実を結ぶように、おみくじはすべて結んで帰る』など、諸説あります。
また、凶を引いた場合は引き直してもいいようです。

 

わき水を飲む・お水取りをする

 

わき水はその土地に流れる水龍そのもので、お水自体にパワーが宿っています。
このお水はいただかないと損!ぜひいただいて運気を体の中に取り入れてください
ただ、お水取りの出来る場所など規制のある場所もありますのでルールやマナーを守ってくださいね。神社では参拝後にお水取りをしてください。

 

ゆっくり歩き、深呼吸 気に入った場所は30分以上滞在する

 

パワースポットや神社では空気が澄んでいたりピーンと張り詰めていたりとても独特。
この空気を取り入れるためにはゆっくり歩き深呼吸をできるだけしてください
そして気に入った場所では30分以上滞在して流れる生気を体に入れたりその土地との縁を深めるとさらに効果がアップします。

 

 

写真を撮る

 

気に入った場所、パワーをびしびし感じた場所は写真を撮って待ち受けなどにするのもおすすめです。
ただ撮影禁止などルールのある場所では控えてくださいね。

 

これらを意識してより多くパワーを取り込んで開運・金運アップにぜひつなげてください。

スポンサーリンク

トップページ 北海道旅行お得サイト 最強!金運アップ・開運グッズ サイトマップ