利尻島の金運アップにご利益のあるパワースポット・神社を紹介します。

利尻島〜金運アップに!島全体がパワースポット〜

北海道の最北地・稚内からフェリーで1時間40〜50分ほどでたどり着く島、利尻島

 

日本海上に浮かぶほぼ円形の島で、中央には標高1721mの利尻富士と呼ばれる利尻山がそびえ、この島のシンボルとなっています。

 

日本百名山にも選定されている利尻山の登山は頂上まで3時間ほどで、山道も歩きやすく整備されています。(利尻北麓野営場(三合目)より登る『鴛泊コース』利用の場合)

 

この利尻山、北海道三大富士の1つで風水で北海道を語るうえではかなり重要なエネルギースポット

 

その利尻山のある利尻島自体がパワースポットとなっているといってもいいでしょう。

 

利尻山、羊蹄山、駒ケ岳の三大富士を線で結んだライン上にはパワースポットと呼ばれる場所が多く点在していると言われています。

 

夏の観光シーズンには、登山や島内散策、北海道ならではの海のグルメを楽しむ観光客で賑わいます。

 

いろいろな観光スポットの中から厳選の2ヶ所を紹介したいと思います。

金運ご利益のオススメは姫沼と利尻山神社

利尻島にはオタトマリ沼と姫沼という2つの沼があるのですが、中でも姫沼は風水的に利尻山のパワーを最大限受けているといいます。

 

姫沼は島の北側に位置する沼。湖や沼は山などのパワーを受けて気を溜め込んでいるパワースポットなのです。

 

姫沼の周囲は木の板でできた約1kmほどの遊歩道が整備されています。

 

遊歩道を歩いているだけで周りの木々、植物、鳥のさえずりなどで心が癒され、知らないうちに利尻のパワーで気持ちが上を向いていることに気づくと思います。

 

天気のいい日は沼の水面に映る『逆さ富士』が綺麗です。

 

そしてこの遊歩道を入口から少し進んでいくと利尻山の伏流水『姫沼湧水』があります。

 

このお水、島内では有名な名水スポットとのこと。利尻山パワーいっぱいのお水ですのでぜひ飲んだりいただいてくださいね。

 

そして同じく島の北側にある利尻山神社江戸の文政年間(1820年頃)に建立された北海道の中でも由緒・歴史のある神社。

 

御祭神は、
大山祇神(おおやまつみのかみ)
大綿津見神(おおわたつみのかみ)
豊受姫神(とようけひめのかみ)

 

山の神様、海の神様、豊穣の神様の三柱です。

 

島や海を守ったり物事を発展させる神様ですので、ここで参拝して今後の仕事の安定や発展、金運の流れを変えてもらいましょう

 

近くには温泉もありますし、島で採れたウニやアワビが名物です。

 

五感すべてを満たしてくれるこの利尻島、ぜひ1度行ってほしい場所です。

金運アップパワースポット・神社 姫沼・利尻山神社の住所・アクセス・地図

姫沼
■所在地 北海道利尻郡利尻富士町

 

■アクセス 鴛泊港から徒歩20分

 

       利尻空港から道道856・105・108号経由で8km/10分

 

 

利尻山神社
■所在地 北海道利尻郡利尻富士町鴛泊本町153

 

■アクセス 鴛泊港出口徒歩15

 

スポンサーリンク

トップページ 北海道旅行お得サイト 最強!金運アップ・開運グッズ サイトマップ